lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

チワワのオーブ・心臓病の話⑰~最後に飲んでいたお薬編~

f:id:lodog:20180713200027j:plain

 

オーブの心臓病が発覚したのが、13歳の終わり。14歳4ヶ月から治療を始め、亡くなる16歳8ヶ月までの2年4ヶ月の期間、闘病し、治療を続けました。

最初はお薬の量もぜんぜん少なかったのですが、最後は本当にたくさんのお薬を飲んでいました。

 

オーブの心臓は心臓病と発覚した時点ですでに重症で、余命、半年から1年と言われていました。2年4ヶ月も生きてくれたのは、オーブの頑張りももちろんですが、やはりお薬の力もあったのかな?と思います。

f:id:lodog:20180713143801j:plain

  • ベトメディン3錠「朝・昼・晩」
  • エナカルド2錠「朝・晩」
  • スピロノラクトン2/3(三分の二)錠「朝・晩」
  • ニトロール(粉薬)2包「朝・晩」
  • ケイキサレート(粉薬)「朝・晩」
  • シルデナフィル(粉薬)2包「朝・晩」

こうやって改めて見てみるとたくさんのお薬を飲んでいますね。ケイキサレートを除き、すべて心臓病のお薬です。

 

命に直接かかわるので、ご飯を食べずとも、お薬は必ず飲んでもらわないといけませんでした。、、、これがけっこう大変でして(汗)

 

体調の良い日には好きなパンなどに包んであげることができますが、腎臓の数値が悪く、食べ物を口にしないときには、すべてを粉薬にし、水で溶いてシリンジで口の横から強制給餌ということも、、、。本人がイヤイヤの状態で無理やりあげるので、誤嚥の危険性があり、あまりしたくありませんでした。

 

こちらの他にサプリメントも飲んでいました。

サプリメント

f:id:lodog:20180713144842j:plain

  • アゾディル(腎臓病対策)
  • コセクイン(気管虚脱対策)
  • アンチノール
  • リノパワー(腎臓病対策、リン吸着剤)
  • カネカ・還元型コエンザイムQ10(腎臓病対策)
  • カリナール2(腎臓病対策)

アンチノールは予防効果が高いもので、腎臓病が進行しているオーブには効き目があまりないかも?とのことでしたが、物は試しであげていました(ほんの数回)。

結局、アンチノールは初期の腎臓病であるリテラが飲むことに・・・(笑)

 

サプリメントは、ほとんどが腎臓病対策を目的としたものです。

 

本当に食欲がない時にはあげませんでしたが、

先生からはアゾディルとリノパワーはできる限り飲ませて欲しいと言われていたので、これだけ飲ませる日もありました。

 

薬もサプリもたくさんの色々なものを飲んでいましたね。人間が飲んでも結構な量ですが、4キロ弱のチワワが飲むのですから、大変ですよね、、、。

 

f:id:lodog:20180719145141j:plain

 

お薬は先生がオーブのためにあれやこれやと手を変え品を変え、血液検査の状況を見ながらその都度処方してくれたものです。それをオーブは頑張って飲んでくれたので、ほんの少し長く生きられたかな??と思っています。

また、心臓病が重症の割には、心臓自体の症状があまり表面化しなかったので、これもお薬が効いていたのかな?と思う理由です。

 

心臓病ではありましたが、腎臓病と気管虚脱に悩まされた印象があります。

とはいえ、それも心臓からくる症状の一つでもあるのですが、、、。

 

心臓病の犬にとって薬のバランスはとても重要なものというのが実感です。

オーブの担当獣医さんが頑張ってくれたなと思います。

獣医さんはほんとにスゴイ!!(人によるけど(汗))

 

 

 

楽しい首輪&ハーネスがいっぱい!!エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

オリジナルデザインの首輪・リード・犬グッズのお店|エルオードッグ

f:id:lodog:20180719145823p:plain