読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

何でも欲しがるワンコですが...

犬っていつもヒトが食べているものを欲しがりますよね。 きっと飼い主と一緒のものを食べたいのでしょう、かわいいですよね。 また、ヒトが食べているものに興味津々なあまり、「飼い主さんはいつもボクのよりおいしいものを食べているに違いない」とでも思い込んでいるのかも。

犬の味覚はヒトと比べると味わいのバリエーションが少ないといわれています。犬の味覚についてはこちら 鼻はいいんですけどね。

そこで、ヒトの食べ物で、普段ワンコが食べているものよりも明らかに味の薄いものや、変わった味のものを与えてみたらどうなるでしょうか? それでも、「飼い主からもらったものなら、何でもおいしいワン!」と喜んで食べるでしょうか? ..ということで、チワワのオーブでちょっと実験です(笑)

オーブにレモンを与えてみました。 飼い主の手の中にあるのは、いつものおいしいものと思っているらしく、「手に持っているおいしそうなおやつを早くくれ~」と催促。 手からくわえると、突然口の中に広がった、かつてない酸味にびっくりした様子で、顔をしかめました。 それでも、必死に咀嚼しようとしますが、鼻をヒクヒクさせながらギブアップ。 床に置いてしまいました。 しかしなんとその後、床の上のレモンに再チャレンジ! 顔をしかめて鼻をフガフガ言わせながら噛み続けましたが、柑橘系のすっぱさにあえなく完敗。 「ウチの飼い主はなんちゅうモノを食べてるんだ!」とでも言いたげな表情でした。

すごい執念だなと感心しつつ、飼い主は笑い転げてしまいました。

ワンコにももちろん好き嫌いはありますが、飼い主がおいしそうに食べているものには否応なく魅かれてしまうのでしょうね。 どんなものでも飼い主と共有したいのでしょうね(笑) ほんとにイイ相棒です。