lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

犬好きにおすすめ!の本

自分が生まれた瞬間からそこには犬がいた..という環境は羨ましい。 反対に家族(特に親)が犬嫌いまたは動物嫌いという環境はとっても悲しい。 犬を飼うために父親を説得し続けて丸10なん年。念願の犬を迎えたときの喜びは今でも忘れられません(涙。涙。) 犬を飼いたいのに飼えなかったそんな私はいつか自分が犬を飼ったならという空想のもと、

左手には「この犬が一番!~自分に合った犬と暮らす法~」右手には「犬の写真図鑑DOGS」を抱え、文章を読んだり、図鑑を眺めたりしていました。 この2冊はすでに犬を飼っている人はもちろんのこと、これから犬を迎えようとしている人、犬が飼いたいのに諸事情により飼えない人も楽しむことができます。 特にこれから犬を迎えようとしている人、犬が飼いたいのに諸事情により飼えない人は空想、夢想、妄想がふくらみとっても楽しいですよ。

「犬の写真図鑑DOGS」は犬のガイドブック的な内容から犬種までをたくさんのカラー写真で紹介しています。犬種は愛玩犬、鳥猟犬・・など使役別に分類されています。チワワやパピヨンなど馴染みのある犬種から大型ミュンスターレンダーなど珍しい犬種まで約300種を紹介しています。 犬を飼いたいけど、どんな犬種がいるのかわからないという犬飼いはじめてさんや、街中で見たあの犬はなんていう名前なの?という犬種知りたいさんなどに特におすすめです。

「この犬が一番!~自分に合った犬と暮らす法~」は犬種の特徴を知ったうえで、自分に合った犬を迎えようというコンセプトで書かれています。 見開きページに白黒のイラストとともに一犬種の紹介という装丁ですので、読みやすいです。この本が出版された当時は犬種紹介の本といえば、写真つきの図鑑か飼育書が一般的でしたので、この本のように犬種の性格や特徴に重点をおき、執筆されている本は珍しく、とても貴重でした。最初から最後まで物語を読むように何度も読んでいました。 こちらの本は犬種探しの実用的な読み方もできますし、犬の読み物として楽しく読むこともできるので一石二鳥。 犬好きさんすべてのかたにおすすめです。 「この犬が一番!~自分に合った犬と暮らす法~」には「珍しい犬を飼いたい!~自分だけの犬を見つける法~」という続編があります。 こちらも基本コンセプトは一緒です。いまやすっかりポプュラーな人気犬種になったボーダーコリー、イタリアン・グレーハウンド、ジャック・ラッセル・テリアなどが紹介されています。