読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

犬と音楽

犬の聴覚は人間よりもはるかに発達しており、ヒトには聞こえない音を聞き分けるといわれています。 犬は日常にありふれたさまざまな音をどんなふうに聞いているのでしょうか?? 人間には計り知れません・・・。 音楽はどのように聴こえるのでしょうか? 好きな音、嫌いな音というのはありますよね。大概の犬はガシャーンと物が落ちたりするときの突然の大きな音は嫌いですが、好きな音というより音楽などはここちよく聞いているのかな?などど思うことがあります。 パピヨンのリテラは雷が苦手ですので、雷がなっている間は音楽を大音量にしています。そのとき流す音楽は必ずロックと決まっており、テクノやエレクトロニカなどを流すと逆にそわそわします。 犬の耳と脳内では何が違うと認識されるのでしょうか?リズムなのかな..?人間以上に耳が発達しているイヌですので、より複雑に聞こえているのでしょう。 チワワのオーブは必ずといっていいほど吠える曲があります。 それはAphex Twin51/13,SinglesCollectionのなかの一曲で、不気味な笑い声から始まります。その曲が流れると毎回必ず!吠えるのでオーブには何か気になるのでしょうね。人間が聴くとちょっとおかしかったりするのですが・・。 Aphex Twinはリチャード・D.ジェイムスのユニットで数々のテクノの名作アルバムを生んでいます。51/13,SinglesCollection、こちらのアルバム、どれも素敵な曲ばかりなのでまだ聴いたことのない方にはお勧めです!!もれなく愛犬の吠え声も一緒についてくるかもです。 犬にしか聞こえない音楽といえば、ビートルズの「サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ」が有名ですよね。詳しくはWikiを参照。

やはり音楽を聴くのは人間だけなのかもしれませんね。犬は音楽を聴くというより、音を聞く、より正確には音が聞こえるということなのかなと思います。なかなか難しいです。 ただ飼い主が音楽を聴いて楽しんでいると犬も楽しそうです。 飼い主が楽しんでいる姿を見て犬も嬉しいのかもしれませんね。 ”ぼくもたのしいよ!”

犬を観察すると本当に面白いですよね。 音楽はその一例ですが、人間にはおもしろい楽しいことが犬にとっては戸惑うことだったり、 逆に人間が「これは犬はちょっと苦手なんじゃない?」と決めてかかったりすると案外楽しそうだったりと思いもよらぬ反応が返ってくることもしばしば...。 これも犬を飼う醍醐味ですよね。 犬ってほんとうにおもしろい!!