読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

犬の食事について~序章~

毎日暑い日が続いておりますが、わんちゃんの体調長管理はいかがですか?
エルオードッグの2ワンズは少々バテておりますが、毎日食欲旺盛で、朝からもりもりと食事をしております。食事が終わると事務所のなかをぷらぷらして遊んでおります。(笑) 夏は食欲が落ちることもしばしばですよね。今日はそんな夏だから気になる犬の食事についてです。
ところで皆さんのわんちゃんはドッグフード派?それとも手作りごはん派ですか?
エルオードッグの犬たちはオーナーが違うので、それぞれ、オーブ君はドッグフード派で、リテラ君は手作りごはん派です。

そこで、ドッグフードの利点・欠点。手作り食の利点・欠点をそれぞれ考えてみたいと思います。 ドッグフードの利点 ・保存が容易であり、忙しいときでも手間がかからない ・非常時にも安心 ・携帯性があり、いつでもどこでも食べられる 上記のように管理が非常に楽であるというのが特徴ですね。 手作り食の利点 ・素材がわかることで安心感が得られる ・鮮度を保てる ・その日の体調や季節に合わせて食事内容に変化をつけられる 上記のように飼い主さんの意思により管理することができるというのが特徴ではないでしょうか。

それでは欠点はどうでしょう? ドッグフードの欠点 ・リコール騒動が記憶に新しいように情報がオープンにされなかったり、情報の公開が遅れたりすることがあるので不安がある ・製造工程、原材料などがブラックボックス化していることがある 上記の欠点を回避するために飼い主は常に積極的に情報収集する必要があります。 手作り食の欠点 ・栄養バランスが崩れないように配慮する必要がある ・非常時には作ることが難しい 上記のように管理に非常に手間がかかることと、やはりドッグフードと同じように飼い主は積極的に犬の栄養について情報収集(勉強)する必要があります。

やはりどちらにも一長一短があり、絶対的にどちらがいいとは言えないのではないでしょうか。 ただどちらを選択するにしても飼い主が情報収集することは非常に大切です。

この記事を書いているスタッフUはリテラ君オーナーであり、普段は手作りごはんを食べさせております。 しかし、やはりドッグフードの便利さというのはすばらしいものがあると思います。現在これだけ多くの犬が世界中で飼われるようになったのには医学の進歩や各ブリーダーさんの尽力もさることながら、ドッグフードの発展も寄与していることと思います。毎日毎日どんなときでも手作り食ではなかなか大変ですよね。 リテラ君も幼少時はドッグフードを食べていたのですが・・・。手作り食へ切り替えた顛末については後日、詳しく書きたいと思っております。 食については一度の記事で書くのは難しく、本日の投稿を序章ということにさせていただきます。「食」って本当に奥が深いですよね。

暑い夏はまだまだ続きそうです。皆様、体調管理にはご注意を~。