lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

毎日健やか犬の健康

犬の腎臓病を知るための検査

腎臓の状態を知るために行っている主な検査の種類です。 < 毎月 > 尿検査 尿沈渣 UPC(尿中蛋白/クレアチニン比)検査 -------------------------------------------------- < 3ヶ月に1回 > SDMA検査 血液検査 -------------------------------------…

みんな、みんな、ありがとう!!

犬の心臓病、腎臓病、気管虚脱で闘病しておりましたチワワのオーブが、先日、6月6日に、亡くなりました。 16歳7ヶ月と5日でした。 その日の朝まで元気で、家族におすそ分けをおねだりしていたのですが、急に、いつもとは全く違う苦しげな鳴き声を上げて、う…

犬の腎臓病~皮下点滴通院中~

毎日の皮下点滴で一度は数値が落ち着いたものの、またまた数値が上がってしまい、今現在も治療中のオーブ。 元気はあるような、ないような・・・微妙な感じです。 これで、BUN、CREが上がってしまうのも三度目です。その都度の点滴で回復していますが、今回…

パピヨンの結膜炎

パピヨンは耳毛があるので、エリザベスカラーを付けただけでは、目の中に耳毛が入ってしまいます。そこで、エリザベスカラーを付けて、さらにスヌードをつけています。 エリザベスカラーは目を掻くのを予防し、スヌードで耳毛が目の中に入るの防いでいます。…

犬の結膜炎。老犬2匹の病院通い~

オーブの点滴をするために、毎日、動物病院へ通っていますが、この週末はリテラも結膜炎になり午前中はオーブの病院へ、午後はリテラの病院へと大忙しでした。 この季節の動物病院はとっても混んでいて、待ち時間がとっても長くて(汗) 飼い主、愛犬ともに…

新緑の季節なのに~・・・

新緑の季節でお散歩が気持ちいいですね~。 暑いのも寒いのもダメなオーブは春から新緑にかけてのこの時期か、秋の涼しくなった季節くらいしかお出掛けできないので、この季節はどんどん外出したいところ・・です。 ・・と、お出かけ気分が盛り上がっていま…

効果てきめん。犬の咳止めシロップを使ってみた

気管虚脱が悪化してしまい、咳が増えたオーブ。 でもでも、春になって気温が暖かくなってきたのか、最近は咳をする頻度がめっきり少なくなりました。 関節に効くお薬、カルドロフェンベッドは気管にも有効とのことで、注射も定期的に続けているので、こちら…

犬の腎臓病を早期発見~SDMA検査~

昨年、秋の健康診断で、はじめてSDMA検査をしました。 オーブが腎臓病ということもあり、リテラもじわりじわりと進行していたら?と不安になり調べてもらいました。 SDMAの検査結果は、成犬の基準範囲が0-14μg/dLのところリテラは15μg/dLでした。 ぎりぎり…

チワワのオーブ・心臓病の話⑯急性腎不全と点滴

昨年2017年の9月末に、食欲が落ちて嘔吐を繰り返し、腎臓の値が急激に悪化してしまったオーブ。まずは皮下点滴をしてもらうことになりました。 犬の心臓病をケアしながらの腎臓病の治療 先生から提案された治療法は4つでした。 毎日、皮下点滴に通い、輸液の…

チワワのオーブ・心臓病の話⑮急性腎不全時の食べ物について

いまはすっかり食欲を取り戻したオーブですが・・・ 急性腎不全になった時のオーブは 吐き気 食欲がない。ゴハンを全く食べない 体の震え 体温の低下 口臭<アンモニア臭>(飼い主には薬品のような臭いに感じられましたが、先生から腎不全になると口からア…

犬の腎臓病に効くサプリ、あれこれ

心臓病・腎臓病で闘病中のチワワのオーブ。 最近は腎臓を悪くしたこともあり、お薬とは別に、腎臓をケアするために、たくさんのサプリメントも併用しています。オーブは気管虚脱もあるので、気管に効くサプリメントも飲んでいます。 【犬の腎臓のためのサプ…

犬の腎臓病に負けない!秋・冬の寒さ対策。

最近はすっかり秋も深まり、朝晩は肌寒い日が続いていますね。 心臓病で闘病中のチワワのオーブ。 最近は腎臓の値を気にしながらの毎日を過ごしています。定期的に血液検査を受けて、BUNやクレアチニンの値が上がり過ぎていないか、チェックをしています。幸…

チワワのオーブ・心臓病の話⑭腎臓が大変なことに・・・

犬の慢性腎臓病が悪化 心臓病で闘病中のオーブですが、心臓は落ち着いているものの、突然,腎臓病が悪化してしまいました。 点滴治療と内服薬で、幸い大事には至らず、落ち着きを取り戻してくれました。その顛末について何回かに分けて、書いていきたいと思い…

犬の目の下が腫れちゃった!!

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。年齢が年齢だけに、心臓病だけでなく、加齢に伴う?色々な症状を経験してきました。飼い主的にギョッとしてしまったのが・・・、目の下の腫れ!! ある日・・・何だかオーブが顔を気にしているので、どうしたどうした?とよ…

チワワのオーブ・心臓病の話⑬ご飯食べない編~続き~

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。 病院で処方されるご飯だけだと、種類が少ないために飽きるのか、どうしても一定の確率で食べてくれません。 開封した最初は食べても、その後しばらくすると食べないモードに・・・ (その時のお話はこちら↓) www.lodogblo…

鼻のできものは犬の歯肉炎が原因?

今年11月で16歳になるチワワのオーブ。心臓病のケアをしながらも、元気に毎日を過ごしていますが、だんだん老化によるトラブルが見られるようになってきています。 ここ最近、ちょっと気になっているのが、鼻にできるかさぶたのようなもの。 鼻から分泌され…

犬の認知症

アエラの記事で犬の認知症の記事が出ていました。犬も、加齢と共に認知能力が衰えていくのはよく知られていますが、どういった行動が認知症につながっていくのか、素人の飼い主にはなかなかわかりづらいですよね。この記事には、動物病院で使用されている認…

犬の耳も遠くなる!

最近、ちょっと耳が遠くなってきたチワワのオーブ!齢15の寄る年波には勝てない??(笑) おーい、と呼んでもどこ吹く風だったり。留守番して寝ていると、ガチャと玄関を開けても気付かず・・・(涙)ドアのチャイムが聞こえず、宅急便のお兄さんがとっくに…

チワワのオーブ・心臓病の話⑫犬におクスリをあげる秘密兵器(笑)カプセル編

心臓病のため、毎日たくさんのお薬を飲まなければいけないチワワのオーブ。 錠剤、粉薬、サプリメントなどなど、いろいろなものを毎日飲んでいますが、なかなかすんなりと全部を口にしてくれるわけではなく・・・ (前回のお話はこちら↓) www.lodogblog.com…

チワワのオーブ・心臓病の話⑪ご飯食べない編

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。今現在は療法食を食べてるというお話を前回しましたが、犬の心臓病対策の療法食から、犬の腎臓病対策フードに変わり、これがなかなか食べてくれず・・・(汗) (前回のお話はこちら↓) www.lodogblog.com 若い頃は、出され…

チワワのオーブ・心臓病の話⑩ご飯編

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。毎日のごはんも、症状に合わせた療法食のフードを食べています。 (前回までのお話はこちら↓) www.lodogblog.com 心臓病療法食? OR 腎臓病療法食? 初めは、犬の心臓病対策のフードを食べていましたが、利尿剤の副作用で…

チワワのオーブ・心臓病の話⑨お薬編

犬の心臓病で闘病中のチワワのオーブ。昨年2016年の2月からお薬の服用を開始しました。 (前回までのお話はこちら↓) www.lodogblog.com ほぼ丸一年が経過した現在、飲み初めの頃に比べると、お薬の種類が増えてしまいました(汗) 心臓の病気は一進一退、様…

チワワのオーブ・心臓病の話⑧酸素室レンタル編

なんだかんだと順調に過ごせていましたが、突然の入院に改めて、犬の心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)であることを再認識した飼い主。 少しでも病気の進行を遅らせ、普段の生活でも負担を軽減しようと、先生のオススメもあり酸素室をレンタルしました。 (前回ま…

チワワのオーブ・心臓病の話⑦咳でびっくり!入院編

心臓病を抱えて、日常生活にお薬が手放せなくなったチワワのオーブ。 一日中できる限りヒトの目が届くように、エルオードッグの仕事場に一緒に通勤したり、自宅にお留守番の日は、家族が体調の変化がないか目を光らせている、という 毎日を過ごしています。…

チワワのオーブ・心臓病の話⑥犬の肺水腫と利尿剤のお話

利尿剤を服用することで腎臓値が悪化してしまったチワワのオーブ。 ( 前回までのお話はこちら↓ ) www.lodogblog.com 利尿剤と犬の腎臓のお話 肺水腫の改善のために利尿剤を服用したチワワのオーブですが・・・ 腎機能の指標であるBUN(尿素窒素)、CRE(ク…

チワワのオーブ・心臓病の話⑤犬の心臓病と肺水腫編

犬の心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)によって引き起こされる肺水腫のお話。 犬の心臓病を患っているチワワのオーブ。オーブのX線画像を見ると、心臓が大きく膨らみ、さらに先生は、「肺水腫も起こっていますね、、、ここをみてください」と、肺を指差しました。…

チワワのオーブ・心臓病の話④温度・湿度編

連日、寒さが厳しいですね~ 心臓病を抱えた愛犬、チワワのオーブには暑さ・寒さなどの温度の急変は禁物!! エアコンやファンヒーターなどを使って、人間がちょっと暑いな~と思うくらいの室温をキープしています。28度くらいの温度設定です。 犬は床面近…

チワワのオーブ・心臓病の話②ペットカートでお散歩編

犬の心臓病、僧帽弁閉鎖不全症と診断されてからのチワワのオーブには日常生活で注意しなければならない点がいくつかあります。 ①激しい運動・興奮するようなこと・・・ボール遊び、長距離のお散歩などをしない ②体温が急変するようなこと・・・シャンプーを…

チワワのオーブ・心臓病の話①見つかる編

エルオードッグの看板犬、チワワのオーブが今年の2月に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、投薬による治療を開始することになりました。 健康診断の際に、「ちょっと心臓に雑音が聞こえますね、今度、念のため心臓の様子を調べてみましょう・・・」と、主治医の先…

春恒例の狂犬病とフィラリア

春!ということで、先日、狂犬病のワクチン接種とフィラリアのお薬をもらいに病院へ行ってきました。 クレートに入っているパピヨンのリテラ君 連れてこられた場所に気付き、遊び場ではなかったことにがっかりのリテラ君です。 かなり、緊張しています。..…