lodog’s blog

オリジナルデザインのドッググッズ、首輪・ハーネス・リードのお店、「エルオードッグ」のブログです。犬の健康、病気、しつけなどなど、日々の犬との暮らしで感じたことあれこれを書いております。

犬の手作りごはん。炭水化物、あげる?orあげない??

f:id:lodog:20170912200404p:plain

皆さんは、愛犬にご飯を手作りする時、炭水化物はあげますか?あげませんか??

私はあげる派です。

 

・・というのも小さな頃は炭水化物はまったくあげないか、少ない量でも平気だったのですが、年をとるにつれて、炭水化物がないと犬が便秘をするようになってきました。

 

また、パピヨンのリテラは昨年、会陰ヘルニアの手術をしこともあり、便秘は症状を悪化させるため、便秘になりにくく、便を出しやすくするために炭水化物を利用しています。
 

では、どんな炭水化物をあげているの??というと

  • 白米
  • 発芽玄米
  • 押麦
  • オートミール
  • はと麦
  • スパゲティ
  • 春雨
  • 葛きり

などなど、、、。結構いろいろな種類をあげています。
一度の食事で一種類の炭水化物を選んでいます。

 

炭水化物ではありませんが、ウンチを形作ってくれるものはサツマイモ、じゃがいもなどの芋類やかぼちゃなどの野菜類もいい働きをしてくれるのですが、根菜類はあげ方を工夫しないと逆に便秘になりやすくなってしまって・・・。

これも小さな頃はなかったんですけどね(汗)

 

人間でもそうですが、やっぱり、体はいろいろと変化するのでしょうね~。

好みも変わってきますよね(笑)

 

f:id:lodog:20170913133918p:plain

 

犬の手作りごはんは大変なこともありますが、愛犬が喜んで食べてくれるのを見るのが嬉しかったり、病気などの症状に合わせてその時々で作ったり出来るのも良いですよね。


 毎日は難しくても、時々なら楽しく出来るので、ドッグフードと併用するのが良いかもしれませんね。

 

 

エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

 

 

 

犬の目の下が腫れちゃった!!

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。
年齢が年齢だけに、心臓病だけでなく、加齢に伴う?色々な症状を経験してきました。


飼い主的にギョッとしてしまったのが・・・、目の下の腫れ!!

ある日・・・何だかオーブが顔を気にしているので、どうしたどうした?とよくよく確認してみると、ビックリ!!目の下がプックリと腫れ、涙もたくさん出ています

f:id:lodog:20170906195443p:plain



写真でも腫れがはっきり確認できますが、実際はもっと大きく腫れており、衝撃的ビジュアルでした(汗)。
これでは色男が台無しです(笑)・・・・と、今でこそそんな軽口も言えますが、当時はビックリして、あわてて獣医さんへ、、、。

獣医さんは、おそらく口腔内から細菌感染が起き、皮膚の下に膿が溜まってしまっているので、抗生剤で化膿を抑えましょうとのこと。

更に、口腔内の感染は歯石が原因のことも多いため、歯石を取れるだけ取ってみましょうと、先生二人がかり、もちろん無麻酔で(心臓病と高齢のため)、歯石を削ってもらいました。

f:id:lodog:20170906195752p:plain


結局、2日ほどで腫れは治まりました。

現在まで再発はしていませんが、顔が変わってしまってホントにビックリの事件でした(汗)

 

歯のケアはホントに大事なもの~とつくづく実感。
芸能人は歯が命!(古っ)だけでなく、犬も歯は大切ですね(笑)

 

エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

 

今日から9月・・・

今日は気温が涼しいこともあり、早くも秋を感じますね~!!一年を通して、秋や春は過ごしやすくて、お出かけにもピッタリですよね。また残暑がやってくるとの予報もありますが、季節は確実に秋に向かっていますね。

 

現在、新作準備中のエルオードッグ!!

もうすぐアップ予定ですので、お楽しみに・・・

f:id:lodog:20170901193925p:plain

 

 

エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

巣鴨のお地蔵さんへお散歩

巣鴨のお地蔵さんにお散歩に行ってきました~

事務所から歩いて行ける距離なので、エルオードッグ愛犬2匹の健康祈願もかねて、月に一度は遊びに行くお地蔵さん。

犬に効果があるかは不明ですが、きっとお地蔵さんは犬にもやさしいはず・・と心臓をよくよく磨いてきました(笑)

境内には犬と一緒に入れませんが、商店街で待機して、スタッフが交代でお参りをしています。

 

f:id:lodog:20170830202655p:plain

f:id:lodog:20170830205537j:plain

 

 

おばあちゃんの原宿で有名な地蔵通商店街。いつでも、おじいちゃん、おばあちゃんで賑わっています。

活気があるので、行くとなんだかパワーをもらえる気になり、エルオードッグのスタッフ、お気に入りの場所です(笑)

f:id:lodog:20170830204621j:plain

 

商店街には美味しいお店がたくさんあって、名物の塩大福のお店などなど、お土産を買って帰るのもまた、楽しみの一つです(笑)

 

 

新商品が好評発売中!!エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

チワワのオーブ・心臓病の話⑬ご飯食べない編~続き~

f:id:lodog:20170825202702p:plain

心臓病で闘病中のチワワのオーブ。

病院で処方されるご飯だけだと、種類が少ないために飽きるのか、どうしても一定の確率で食べてくれません。

開封した最初は食べても、その後しばらくすると食べないモードに・・・

 

(その時のお話はこちら↓)

www.lodogblog.com

 

 

・・・そこで、病院の処方食以外の腎臓病ご飯を試してみようと、いろいろ購入してみました。

f:id:lodog:20170828135153j:plain

まずはお試しの小さなパッケージを購入しましたが、どれも美味しいのかよく食べてくれます。

  • フォルツァディエチ「リナールアクティブ・腎臓ケア」(イタリア製)
  • ナチュラルハーベスト「腎臓ケア用食事療法食・キドニア」(アメリカ製)
  • ヘルマン「ビオセンシティブ・キドニーフィット(腎臓)」(ドイツ製)
  • アニモンダ「インテグラプロテクト・腎臓ケア・ウェットフード」(ドイツ製)
  • フォルツァディエチ「リナールアクティウェット・腎臓ケア」(アイスランド製)

 

f:id:lodog:20170828133913p:plain

 

腎臓病のご飯を変えても、血液の数値は安定しているので、一安心。 

 

同じものばかりでは犬も飽きてしまうのでしょうか??

様々な種類のフードや、ときどきの手づくり食など、いろいろバラエティに富んだご飯をあげるのが良いのかもしれませんね。

 

新商品が好評発売中!!エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

人の体と犬のからだのお勉強

f:id:lodog:20170823103303j:plain

 

愛犬が老化に伴う病気になり、動物病院でも、犬の体や病気について詳しい説明を受けることが多くなりましたが、素人の私にはなかなか理解するのが難しいお話も多く、どうしたものか??・・と思っていましたが、とてもためになるいい本を見つけたのでご紹介です。

 

人間の体について詳しく書かれた看護師さん向けの解剖生理の本「解剖生理をおもしろく学ぶ」です。

f:id:lodog:20170822192116j:plain

 

もちろん内容は人間についてで、犬の体についてではありませんが、心臓や腎臓、血液などの基本的な構造やその働きを楽しく学ぶ事ができそうです。 

f:id:lodog:20170822192233j:plain

図解がキレイだったり、キャラクターの対話形式でポイントが解説されていたりと、わかりやすくする工夫が随所に見られ、楽しみながら理解できそうです。

 

基本的なことがわかっていると、獣医さんからお話を聞くときにも、理解がし易いかな?と思い、お勉強(笑)しています。

でもちょっとむずかしい~・・・(汗)

 

新商品が好評発売中!!エルードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com

見上げたら咳が出る??

犬の食べ物に対する執着はなんだかスゴイものがありますよね??
自分のご飯に対しても、絶対におすそ分けはしませんよ!だったり、
人が食べているものに関しては、おすそ分けや、食べこぼしはありませんか?と、
にこにこガン見してくる姿とか・・・

f:id:lodog:20170821220938j:plain


チワワのオーブもヒトが何か食べている様子を見つけるや、すかさず足元に馳せ参じ、ボクにもおすそ分けプリーズとアピールしてきます。
真剣な眼差しで、じっと見上げられると、親バカ飼い主としてはグッとくるやら嬉しいやらですが(笑)
ただ、心配なことがひとつ。
胸を張って上を見上げていると、咳が出やすくなってしまうのです。
それまでゆっくりして咳もほとんど出なかったのに、しばらくするとゲホゲホッと始まってしまいます(泣)


オーブは心臓病の他に気管虚脱も抱えていて、小さな時から、たまに咳をすることがありました。そして年齢を重ねるうちに気管虚脱の咳も増えてきました。

気管虚脱の咳は心臓病からくる咳とは違い、ちょっと特徴的な、どちらかというと甲高い音でキューキューとでます。咳が続く時間も長めなので、チアノーゼを起こさないかと心配になりますが、今のところは大丈夫です。

 

気管虚脱は小さな頃からなので、あまり気にしていませんでしたが、老化とともに症状が少しずつ悪化してきているようで、一度、検査をお願いしました。

 

気管虚脱の症状などについては、いずれまた詳しく書いて見たいと思いますが、

そんな訳で、

飼い主が物を食べている姿をなるべく見せないようにしたり、こっそり食べたりと、涙ぐましい努力をする事も多いのです(笑)

でも、ついつい咳が出る前におすそ分けをしちゃうんですよね~(汗)

 

新商品が好評発売中!!エルオードッグのウェブサイトはこちら↓

www.literaorb.com